風の谷にあこがれて
mutuky.exblog.jp
Top
<   2004年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧
*
2004年 10月 23日 *
撫でる指
うたう歌

落ち着く心。

昨日までの嵐が嘘のように
僕の中では静寂が。

自分の心を全部消した時・・・・。
胸に満たされたのは、やっぱりあなただった。

苦しいし、不安だし、悲しくて、寂しいけど
僕は、静かに待っている。

一つ一つの本当を探すこと
一つ一つの絆を探すことは、もう終わり

あなたしか居ない心は
温かくて、切なくて

それ一つで十分だと気づいたから

だから、
壊れた夜も
不安に押しつぶされた夜も

逃げずに向き合って
この心をもてたから。

やっぱり、無駄じゃなかったんだと思う。

一日一日がとても長く
夜の重さは、心を押しつぶし
弱音と、不安を吐き出させたけど

一秒を大事に、一時の言葉を大切に
しっかりと体に刻んだから大丈夫。

あなたが帰る
その日には

ものすごくいい男になって
もっと好きにさせてみせるから!

今日も、明日も、これからも
ずっと、あなたを心で守りながら
僕は僕の道を歩いていく。

内なる世界を温めて
外なる世界の前を見てみせる!


だから、安心して
不安にならないで

夜の重さ、一日の長さを無駄にせず
しっかりと、生きて歩いてるよ

あなたの中にある僕より僕は
もっと大きな男になって

絶対、あなたを振り向かせて見せるからw
[PR]
by mutuky | 2004-10-23 00:04 | 言葉
2004年 10月 21日 *
毎日メールを送っているけど・・・・。
そういえば、30日以上使わなかったら、アカウント消えるんだよね?

ってことは・・・・・無駄?


というわけで、こちらにちょっと書いときます。


毎日言葉を贈ってるよ。
毎日あなたを祈っている。

あなたの居ない毎日は
時間の流れもゆっくりで
途方もない波に愕然と
眠れない夜が続いていも

自分を癒す言葉の数々が
どれだけ正しいのかもわからなくて
あてもなく、ただ心全てあなたで満たして

手探りの毎日。

どんなに苦しくても
心は全て、あなたの色で染まってる。

どんなに忙しくても
ココで、あなたは鼓動している。

電話も、音楽も、聞こえる電車の音も
全てがあなたと結びつくきっかけ

苦しいよ
でも、がんばってるよ

ちゃんと笑って
しっかりと歩けるように

毎日、毎日
自分の気持ちを隠さずに
真正面から向き合ってるよ

壊れそうな日も
狂いそうな夜も

全て、あなたを本気で好きになった結果
もらえたものだから

ちゃんと、一つ一つ
自分の中で、走り出すための糧にしているから

安心して
笑える毎日を、過ごしてね

そして・・・・。
本当に少しでいいから、。
本当に少しだけでいいから

僕のことを思い出してね。

僕は、いつまでも
この気持ちを包み込めるような

男になるから。
強くなるから。

だから、安心して
だから、泣かないでねw

いつまでも、あなたの帰りを待っています。
[PR]
by mutuky | 2004-10-21 19:23 | 日常
2004年 10月 19日 *
gooメールが大幅変更したので
残っているメールがどれくらいあるのか確認して

超驚き!!!

大学2年の頃からあるよ(爆
(題名だけで、本文なし)

すごい懐かしい・・・・。
懐かしすぎて、メールを
受信、送信、受信、送信

と、対応付けて読んで笑い半分、涙半分。。

笑いの部分は、
今も昔も、言っていることが変わっていないことww
(本当・・・成長してないのかな?俺・・・・ww)

涙の部分は
メールの中にとめられた時間に愕然としたから。

受信メールは確認してたけど
送信メールまで残っているとは・・・・・・。

本当に驚き・・・・。

どうして手紙って、いつになっても
その時の自分に戻すのだろう・・・。

どうして手紙って、いつになっても
色あせることなく、心を揺らすのだろう・・・・。

そう考えると・・・・。
忘れた記憶、過去

過去を乗り越えて
どれだけ成長しても

僕たちは、ただ心に蓋をして
生きているだけなのかもしれない。

痛みって言うのは、
いつまでも体のどこかで眠っているってこと?

痛みが消えることは、結局ないのか・・・・。
[PR]
by mutuky | 2004-10-19 01:54 | 日常
2004年 10月 19日 *
写真の中
あなたはいつも微笑んで

電話の中
あなたはいつも歌ってて

夢の中
あなたはいつも笑ってる

季節外れのサンタクロース
あなたの歌う、やさしい声
耳が壊れるような笑い声

全部が全部、大切な僕のもの


あてもなく駅に向かい
タバコをぷかぷか吸っていると

改札から出てくる人の顔が
みんな同じに見えてくる。

あてもなく駅に向かう道
何度目の願いを僕は空に祈るのだろう。

きっと、あなたの元へ届くと信じて
今日も風に思いを、雲に願いを


畳屋の老犬は、いつも悲しく見送って
戻る僕の姿にやさしく会釈する。


君以外の誰かから
かかってくる電話さえ
電話中、もしかしたら君がかけてくるかもと
急いで切ろうとする僕が居る。。


いつ終わりがくるのだろう。
いつ終わりがくるのだろう。


この心が消えることはない
何度も言ってるよ(笑
今、ここにいる僕は
大好きなアナタを好きになって歩いてきた自分。
この心を消すことは、今の自分を失くす事。

この心が消えることはない
何度も言ってるよ(笑
大好きなアナタがいつも、この胸を苦しめて
これから先も、消えることはないんだよ。。


でも、


あてのない、先の見えない
あなたを感じられない膨大な時間が長すぎて

前を見れば見るほど、途方にくれる。
せめて足元だけを見ようと歩いても
頭の中にいるアナタがやっぱり、僕を支配する。


あなたはいつも微笑んで
あなたはいつも歌ってて
あなたはいつも笑ってる

季節外れのサンタクロース
あなたの歌う、やさしい声
耳が壊れるような笑い声

胸に溢れる、僕の作った僕と君
この舞台をいつまで僕は、守ればいい?
[PR]
by mutuky | 2004-10-19 01:16 | 言葉
2004年 10月 15日 *
好きただそれだけなのに
好きだけじゃ足りない壁がある
どんなに思って、苦しんでも
届かないあなたの道

会いたいと祈りを捧げ
その願いが叶っても
この胸の痛みはきっと消えない
それでも僕は

泣き叫ぶ、この胸いっぱいの気持ちを
「愛している」一つにこめて届けたい
消え行くあなたの道に向かって

薄い夜の闇に溺れて見る
あなたの夢じゃたりなくて
一度でいいから願い・・・届いて

声をとどけて


こんなに苦しい呼吸をいっそ
あなたにわたすことができたなら
それが二人の証になれば

待ち続ける日々のなか
眠れない夜と涙を流した数が一緒だなんて
恥ずかしくて、とても言えないけれど

人を愛することが二度とできなくなってもいい
このまま、明日消え行く灯火でもかまわない。
戻れない
戻りたくない
この消せない気持ち一つだけで

だから
この痛みが消えることだけ
それだけが怖くて、くやしくて
耐えられない時間を、痛みに変えて

声をとどけて
[PR]
by mutuky | 2004-10-15 17:14 | 言葉
2004年 10月 12日 *
壊れた自分の文章を読むことが怖い。
でも、壊れた自分も残しておきたいので、消しません。


今、親友と電話をすることで
あせっていたココロが静まりました。


どうしてこんなにあせって、あなたを求めたのだろう。


連絡の取れない恐怖
やっととれた連絡に出てきた知らない人
会社の電話という言葉。

僕はあなたを求めすぎて、なんか1人で突っ走ってしまっていた
そして不安が一気に爆発しちゃったんだね(反省。。

なんか、本当にドラマのような急展開の2ヶ月・・・。
あまりにも一日一日が甘くて濃くて
僕は、月日さえも忘れていたんだねww
そう、まだ2ヶ月なんだよねw


だから、待ちます。

あなたの言葉、ココロ、存在、全て
しっかりと僕は自分の中で温めて待ちます。

もちろん、僕の中にある感情も全て
ゆっくりゆっくり育てて生きます。

だから、壊れたことにごめんなさい。

僕たちにとって、目に見える手段としてあるものが崩壊して
「会社から配布された」という言葉に、
一つの綻びが、信頼だけで成り立つ今を
音を立てて壊してしまった。

でも、5年。
お互いに過ごした時間、言葉、ココロと、歌も
全部疑う理由にはならない・・・・。
そして、僕は大切にココロの中ではぐくむね


だから、僕は待つ
今までの僕の中にある、あなたの全てを温めながら待つ。


はー。
ゆっくりあなたの歩幅に合わせた一歩で歩くと決めたのに。
ごめんなさい。

そして、やっぱり、。
出会えてよかった。

出会えたこと、それだけでありがとう
本当の本当の気持ちです。
[PR]
by mutuky | 2004-10-12 23:04 | 日常
2004年 10月 12日 *
声にあふれたココロ
その全てで世界を満たせばいい

言葉に溢れるココロ
その全てであなたを作ればいい

僕よがりの愛
僕よがりの体
僕よがりの器

それ全部かき集めて
あなたをつくればいい


1人で踊るのは悲しいこと?
1人で笑うのは悲しいこと?
1人で流す涙は悲しいこと?

ねー、
この広すぎる海を満たすだけの言葉も涙も
何もかもがみつからないよ。
1人で流す涙じゃ、ココロも洗えないよ!!

流がす涙は、唇を震わした
震える唇は、心臓を揺らす

終わりの無い終わり
終わりのない終わり
終わりを作るのも、僕?

僕よがりの
全部僕よがりの恋だったの?

ねー
何か話してよ
何か答えてよ

信じるココロだけが一人歩き
体も、頭も、涙も、足りないよ

この部屋は空気が薄すぎる
[PR]
by mutuky | 2004-10-12 15:40 | 日常
2004年 10月 12日 *
今はこのまま、ココロを閉じよう。
明日、あさって、来年も
あなたの帰る家を守るため。

今はこのまま、思考をとめよう。
明日、あさって、来年も
あなたを思う明日を守るため。
[PR]
by mutuky | 2004-10-12 15:28 | 日常
2004年 10月 12日 *
何も考えられない。

嘘?
全部嘘だったの?

言葉、心
全部嘘だったの?



せめてちゃんと、殺して欲しい。
せめてちゃんと、最後を教えて欲しい。



その存在だけリアルに残したまま
消えない心を残したまま。

存在を消すの?


せめて・・・。
[PR]
by mutuky | 2004-10-12 15:03 | 日常
2004年 10月 12日 *
物事って悪いほうに考えると、全部つじつまがあう。
物事って悪いほうに考えると、話がとんとん拍子に進む。

今、あなたのメールと、
あなたとの記録を目にしています。

で、結果。。


あなたを信じる。


それしかできないもんね。


かなり具体的な悪いほうのイメージの方が強いけど
あなたを信じる。

あなたにココロを持っていかれたまま、
騙されていたとしてもいいや。
このココロが何もかもを閉ざしたとしてもいい。

あなただけで溢れているココロだし。



・・・・・信じてくれないなら、終わりジャンといった言葉が、常に頭にある
そう・・・・、人に寄りそうには儚すぎる糸だけど

それでもいい。

僕が信じている限り、僕よがりの
馬鹿な選択だったとしても

それでもいい。
人生で一回くらい馬鹿みて、
人を見てもいいのかも・・・・。





ただ・・・・・、行動もする。。
でも、病院がわからん(爆

だから、明日から動いてみる。
でも、その結果がどうであろうと、信じてまつ。


馬鹿だから・・・・俺も
[PR]
by mutuky | 2004-10-12 00:49 | 言葉