風の谷にあこがれて
mutuky.exblog.jp
Top
切腹(||゜Д゜)ヒィィィ!(゜Д゜||)切腹
2004年 09月 13日 *
拙者、「俺の屍」がナンダかんだいって好きですから・・・・。

切腹!!!




ホラ、なにかと切腹したくなる時あるじゃないですか?

秋葉原でガチャポン館に行って、同じガチャガチャが出てきた時とか
ガチャポン館で、すごい美人が1万円崩してるときとか

ガチャガチャのなかに手を入れてとろうとしたら、手が抜けなくなった時とかも



切腹したい!って思うでしょ?



でもね、切腹っていったら、日本人の誇りでしょ?

はちゃめちゃに、腹を切り裂く侍とか。
赤いふんどしで、切腹に挑む侍とか。

見たくないじゃん?


正しい日本語を使うように。

正しい切腹の仕方を学びましょう。。


切腹の話し


武士が切腹をもって自裁する理由は、
「自分は、こんな激しい苦痛でも平気なんだ。この死に様を見よ。」という自己顕示が根底にある。


すごい、自己満足!!
これこそ、日本人が無くした誇りって奴です。。


一番凄いのは、切腹の手順

切腹刀を左腹部に突き立て、右へ引き回し、一旦、刀を抜く。

次にみぞおちから心臓を貫き、仰向きの手を下に向け直し、下腹に向け押し下げる。

最後に刀を抜き、喉を突く。



壮絶です。
腹を横に切り裂くなんて、生ぬるいものじゃありません。

一旦、刀を抜く

心臓を貫き、手を下に向けなおし


本当に、生き様って奴を見せ付けている気がします。。。





僕は、このサイトを読みながら。
「沈黙の艦隊」におけるナガブチ館長の言葉を思い出しました。

「われわれの知る、騎士道とはどうちがうのかな?」との問いに

「覚悟においてではないでしょうか?
侍は、主人の誇りのために、命を惜しまず戦うものであり。
騎士は自分自身の誇りのために、命を惜しまない

その一転において、武士道と騎士道は違う気がします」

という、返答なのですが。


侍は、主人の誇りのために、命を惜しまず戦う

つまり、自分の命を、主人に預けている。
その主人に対する誇りの中で生きていたからこそ、。

切腹という手段を用いることができたのではないか?


人に、命をあずけ
人に、自己を預ける


グローバル社会が進み、自己を保たなければ流されていく現在において
侍の魂を持つことは、愚かなことであるかもしれない。

私が、
私は

と、流れていく日本人の発想も、しょうがないことなのかもしれないけど



でも、僕は恋愛などにおいて、
自分の好きな人に、自分の全てを捧げたい

自分の心よりも、相手の心を思って。
お互いに、お互いを思いあうことによって、付き合いを発展させていきたい。

それは、侍の精神と一緒なんじゃないかな?
(膨らましすぎ?www)


恋愛においての切腹は、断髪なのかなw


人を想い、その誇りで生きる侍の魂が
この上なく、素敵なものに思えた、月曜の始まりです。
[PR]
by mutuky | 2004-09-13 00:42 | net